TEL 》 025-530-7088 営業時間 》 11:00~20:00
定休日 》 水・日・祝日 ※ご予約の方のみご相談承ります。

BLOG
ブログ

2020/07/30
やる気の出し方

「やる気スイッチはどこ?」

なんて思っている方は私だけではないはず。

やらないといけないのにやる気が出ないことが…(基本的に面倒くさがりの私(笑))

 

今回はやる気の出し方のお話です。

 

脳のなかには「やる気」を生み出す側坐核という場所があります。

この場所はあまり反応がよくないため、何らかの方法で刺激を与える必要があります。

刺激を受けることでやる気が生まれるのです。

一番手っ取り早い方法が「とりあえず作業を始める」ことです。

そして側坐核が刺激を受けると脳のなかで、やる気を生み出す神経伝達物質が発生します。

しかし、やる気がでたのはいいけど、長い間やる気をキープするのは結構大変ですよね。

そこで、やる気を維持する方法を紹介します。

 

アメリカの心理学者レナード・ズーニンが提唱しているのは、スタートしてから4分間とのことです。

作業を始めてから4分間は、「やる気」のエンジンを温めるアイドリング中ということです。

4分間を続けることで次第に側坐核は刺激を受け「作業興奮」という状態になり、やる気をキープすることができるそうです。

たぶん皆さんにも経験があると思うのですが、最初はあまり乗り気ではないことでも始めてしまったら徐々に気分が乗ってきて、気がついたら夢中になっていたことはありませんか。

これが、側坐核が刺激を受けた結果の作業興奮なのです。

 

人間の脳の仕組みを分かっていれば、意図的にやる気を維持することができるということです♪

婚活も同じです。

面倒だと思わず、まずは行動することが大事です。